美容整形外科の予備知識

美容整形と保険適用範囲

美容整形は外科的な疾病などを全く持たない方に対して、容姿に対してのメンタル面での劣等感を解消するために行う手術です。健康保険は、疾病の治癒のために利用できるためのものであり、美容整形に関しては、疾病の治癒という内容での医療ではないために健康保険の適用にはなりません。自由診療という形を用いており、全額が自己負担になります。自由診療では医師が自由に診療報酬を決めることができます。
このために診療報酬の設定額は美容外科ごとに異なる場合が多く、カウンセリングを受けるだけでも診療報酬が発生する場合があります。美容外科・美容形成外科で行う施術に関して、健康保険が適用される場合があります。先天性の血管腫や母斑などの切除手術は健康保険の対象になります。腋臭症(一般的に言うワキガ)等の改善手術でも手術法によっては、健康保険の対象になります。ただし、どの美容整形外科で腋臭症の手術を受けても健康保険の適用になるわけではなりません。健康保険の認定を受けている医師のもとでの治療を受けるようにしましょう。 また手術は健康保険が適用されても、カウンセリングなどに関しては自由診療に入るといった美容外科もあるようです。事前に健康保険が適用される手術法を受けられるのかどうかを確認するようにしましょう。いろいろな美容外科手術に関して言えることなのですが、カウンセリングの中で健康保険に関して触れない場合は、患者である私たちの方からきちんと問い合わせるように気をつけたいものです。